静岡市剣道連盟の歴史

戦前、大日本武徳会を中心とし、隆盛を極めた剣道は、敗戦により壊滅的な打撃を受け、一般は勿論、学校教育の場からも完全に追放され、中止のやむなきにいたりましたが、多くの諸先輩の熱意により、しない競技として再出発し、さらに愛好者の努力により講和条約の調印を契機として剣道を復活させ、昭和22年、清水剣道協会が結成され、昭和27年全日本剣道連盟、静岡県剣道連盟の発足と共に、静岡市剣道連盟が結成されました。 以下、本連盟の主な事業実績です。
内 容 備 考
昭和22年 旧清水市剣道協会発足  
昭和27年 旧静岡市剣道連盟発足  
昭和28年 第1回静岡市民剣道大会開催 平成15年、静岡市・清水市との合併まで50回を数える。
昭和30、31年 静岡市初代会長、伊東祐蔵は、母校早大OBを本市に招く  
昭和32年 第12回国民体育大会剣道競技が静岡県にて開催 本県優勝 出場選手 監督勝瀬光安 選手杉浦新一、市川彦太郎、鈴木 登、杉山武男
昭和35年 第1回静岡祭り剣道大会開催 平成17年にて終了
昭和36年 初の海外交流である「日華親善剣道大会」を駿府会館にて開催  
昭和37年

第1回全日本女子剣道大会において、越田浩子 第3位

 
昭和38年

第1回近県青少年剣道大会開催

第2回全日本女子剣道大会において、越田浩子 準優勝

 
昭和39年

駿府会館にて全国高校総体剣道大会開催

第3回全日本女子剣道大会において、越田浩子 第3位

 
昭和40年 第20回国民体育大会剣道競技(岐阜県)において本県第3位 出選手 監督大橋専一 選手小山長太郎、市川彦太郎、鈴木 登、滝川貞司、小山照夫
昭和41年 清水市剣道協会が改組し、清水市剣道連盟となる  
昭和43年 全剣連杖道形が制定。勝瀬光安主導による講習会開催  
昭和44年 全剣連制定居合形七本が制定。 平成12年合計12本となる
昭和47年 小川安一 剣道範士を拝受  
昭和49年

第9回全日本居合道大会が静岡市中央体育館で開催。本県第3位

第7回都道府県選抜剣道選手権大会(愛知県)において本県準優勝

静岡市出場選手 安永宗司、坪井三千男、滝川貞司
昭和50年

羽賀忠利は剣道範士を拝受

第17回全国教職員剣道大会(名古屋市)において本県は第3位

静岡市出場選手 戸藤利明、安永宗司、阿部 誠、乾 国広、安永は優秀選手に選出
昭和51年 第18回全国教職員剣道大会(青森県)において阿部 誠は中学校教職員個人の部に準優勝、優秀選手に選出  
昭和52年

第23回東西対抗剣道大会が、草薙体育館で開催

第1回清水市・室蘭市姉妹都市スポーツ交流会開催

第1回篭上中葵杯中学生招待剣道大会開催

静岡市出場選手 羽賀忠利、川村忠雄、小山正司、乾 国広
昭和53年

(社)静岡県剣道連盟の武道館「養浩館」が柚木、護国神社敷地内に建設

香川居合道大会において本県第3位

静岡市出場選手個人戦4段の部 生松茂美 準優勝 5段の部 小田克夫準優勝
昭和55年 全国中学校選抜剣道大会にて高松中学が女子の部で第3位 監督 森下富美子
選手 青木賀子、嶋村導子、黒江智恵子、石原たまみ、 渡辺千佳 
昭和57年

杉浦新一は居合道範士を拝受

全国医師剣道大会が静岡市中央体育館において開催

 
昭和59年

羽賀忠利は居合道範士を拝受

小田克夫は居合道大阪八重垣大会6段の部で優勝 大阪府知事賞受賞

 
昭和62年

佐藤一男は剣道範士を拝受

第14回全国杖道大会が静岡市中央体育館で開催

 
昭和63年 神谷慎一郎は剣道範士を拝受  
平成元年

中村昇一は剣道範士を拝受

清水剣道連盟と庵原剣道連盟合併

 
平成2年 第1回県下杖道大会を静岡市で開催  
平成3年 養浩館において静岡市剣道連盟稽古会を開始 月・木・日曜日
平成6年 川村忠雄は剣道範士を拝受  
平成7年

大橋専一は剣道範士を拝受

第3回居合道全国選抜八段戦箱根大会において小田克夫は第3位

清水市は新潟上越市と姉妹都市提携を締結。三市スポーツ文化親善交流会を発足

 
平成9年

堀 和男は剣道範士を拝受

第32回全日本居合道大会(鹿児島)において勝瀬文孝は5段の部で第3位

 
平成10年 市内高校剣道部OB会が稽古会と親睦試合を開催。  
平成11年

宮本 海は剣道範士を拝受

第47回全日本剣道選手権大会において本県少年少女36名による日本剣道形が公開演武として行われた。

第1回上越市、室蘭市、清水市交流会を清水市において開催。

静岡市出場者 川崎佐代子、佐藤芽衣、佐藤祐佳里、鈴木香澄、牧野路子、安藤 潔、西村栄祐、新井祥子、岡本明子、小澤慧子、加藤友夏理、川口 藍、萩原友里、平島綾乃、村本 愛
平成13年

第23回全日本高齢者武道大会(東京都)において林 学は、特組(75~79歳)に優勝

第2回上越市、室蘭市、清水市交流会を上越市において開催。

第49回全日本剣道選手権大会(東京都)において坂本 崇は優秀選手に選出。

 

平成15年

第25回全日本高齢者武道大会(東京都)において林 学は、特組(75~79歳)に優勝

第58回国民体育大会において成年男子、少年男子、少年女子の部に優勝

第16回全国健康福祉祭剣道大会(徳島県)において本県は第3位

 
 

静岡市出場選手 坂本 崇
 

静岡市出場選手 柴山 清

平成16年

第46回全国教職員剣道大会において本県男子団体第3位

第52回全日本剣道選手権大会において濱田慎一は優秀選手に選出。

静岡市出場選手 安永宗司、坂本 崇

平成17年

静岡市剣道連盟と清水市剣道連盟が合併、新たな静岡市剣道連盟が発足

第53回全日本都道府県対抗剣道優勝大会(大阪府)において本県準優勝

小田克夫は居合道範士を拝受

静岡市出場監督 滝川貞司、選手 濱田慎一
平成18年

第1回鈴与杯少年剣道大会を開催

第19回全国健康福祉祭剣道大会(静岡県)において静岡市チーム優勝

監督 佐藤淳、
選手、林学、長谷川直樹、柴山清、千原圏一、杉浦寿保、池田皓彦

平成19年 創立55周年記念式典開催  
平成20年 第62回秋田国民体育大会において本県第4位 静岡市出場監督 金木悟
選手 安永宗司、高坂雄介 夏目大和
平成21年 第57回全日本剣道選手権大会において高坂雄介 第3位
土屋昌代は女性として県下初の剣道7段合格
 
平成23年 金木 悟は剣道範士を拝受  
平成24年 第34回全日本高齢者武道大会(東京都)において林 学は個人寿A(85歳以上)の部で優勝。寿B優勝者との決定戦に勝利し、内閣総理大臣賞受賞  
平成25年 第35回全日本高齢者武道大会(東京都)において林 学は個人寿A(85歳以上)の部で優勝、同団体戦で静岡県チームは準優勝、静岡市出場選手(望月茂彦、池田皓彦)  
平成26年 第36回全日本高齢者武道大会(東京都)において林 学は個人寿A(85歳以上)の部で優勝し三連覇達成。寿B優勝者との決定戦に勝利し、内閣総理大臣賞受賞
前芝忠俊は全日本剣道連盟より剣道有功賞を受賞
 
平成27年 滝川貞司は第63回静岡新聞・静岡スポーツ賞を受賞  

全日本剣道連盟少年剣道教育奨励賞

平成19年度
小島剣友会
平成20年度
弘武館 ・ 安東剣道教室 ・ 高部剣道スポーツ少年団
平成21年度
富剣会 ・ 静岡武修館
平成22年度
大剣会 ・ 錬誠館
平成23年度
田町鉄誠会 ・ 興津剣友会
平成24年度
三保剣道クラブ・蒲原剣道少年団
平成25年度
井宮剣志会、美和剣正会
静岡市剣道連盟
▲ページの上へ